中華料理を食べるととんでもない量の汗が噴き出してしまう

発汗する方が健康なように思いますが、多汗症の場合は問題があります。
運動をして発汗するんだったら問題だとは思いませんが、チャイニーズレストランで辛い料理を食べてしまって、とんでもない量の汗が噴き出したのです。
顔全体から汗ができてきて、テーブルの上に垂れてしまい恥ずかしかった事があります。

頭皮からも汗が吹き出て、髪の毛が頭皮に引っ付いてしまい、毛が薄いのが分かってしまったのです。
頭髪はシャワーを浴びたかのようになり、タオルで拭いたのです。
更に、何回拭いても汗はひかなかったのです。

おそらく、中華料理との相性が良くないんだと感じました。
カラダの方には汗はかかず、顔から上の部分だけ出ていました。
これではそのお店には行けず参っていました。

激辛と言うわけでもないので食べたいと思うのですが、本当に不思議です。
辛いメニューは好きですが、汗を気にして食べられないですね。
カレーライスは汗をかく事はないためよくいただいています。

 

歳を取ったら自分のニオイをまわりに聞いた方がいいかも

自分自身の事ではありませんが、やっぱり割と年を取った男の人の体臭が気になってしまいます。
毎日一緒にいる夫については、より一層そう感じてしまうのです。
本人だとそこまで気にならないかもしれないのですけどあの異臭はイヤになります。

殊に、ラーメンなどを食べた後の臭いというものには我慢できないものがあります。
主人だから「にんにく食べてきた?臭いよ~」とか、「ニオイがしないようにしてね」なんて言う事はできますが、仕事場の人だとそれはできないのです。
夏の暑い時期は、なお一層そういう傾向になります。

現代では、デオドラントスプレーなどで心遣いしている人もたくさんいますが、そういった事をしない人もいるのが本当の所です。
そういった方というのは、自身のニオイに無頓着なのです。

靴を脱いだあとの臭いなどは、自宅で何とかなるのですけど、他の人では無理なのです。
そりゃあんまりにも神経過敏というのも困ってしまいますが、そういう歳になったのなら、縁者に自分のニオイに関して確かめてケアする事も必要になってくると思っています。

 

アメリカのドラッグストアで見た大量のデオドラント

暑いシーズンになると気がかりなのが体のにおいです。
更にやはり一番気になるのが脇の下から漂うにおいなのではないでしょうか。

人が多い中で人とすれ違った時、満員電車に乗っている時、うわっと突然臭いが襲って来ます。
暑い時季のエチケットとして、日本人もぼちぼちニオイ対策を意識した方がいいのではないでしょうか。

自分は以前アメリカの南部に留学をしていたことがあります。
初めて行ったアメリカの地で勝手が全然わからず、戸惑いつつも食料品もあるドラッグストアにはほぼ毎日通っていましたが、一台の陳列棚の全部を、似たような形の物が並んでいました。
同じ形状だけどメーカーは別なのです。

「果たしてこれは何なんだ」と気になったのですが、まだ米国の生活に馴染んでなかったので、ドラッグストアの売場で大量に並んでいる化粧品のようなものだからきっと化粧水だろうと思い込んでいました。

それから数カ月経ち、あれは塗って使うタイプの脇の汗抑え、におい止めだと初めて知りました。
びっくりするほどの量が陳列していたので引き寄せられたことを今だに覚えています。

そして、アメリカにいる間は脇がにおっているアメリカ人には出会うことはなかったです。
体臭で嫌な思いをさせない、というエチケットが浸透しているんだな、と思われます。

日本も2020年に向けて、更に国際化が盛んになると思います。
この頃はワキのデオドラント剤も良心的な値段で数多く売られているので、ちょっと気になるな、と感じている人はドラッグストアに立ち寄ってみると良いかもしれません。

 

ドレスの汗ジミ対策にデオドラント

汗にはずっと前からすごく悩んでいてアセが出る量は私が思うに多い方なのです。

仕事上コンサートでドレスを着ることが沢山あるのですけど、脇汗や首筋に特にいっぱい汗をかくので、ドレスに汗のシミが出来てしまう事があり大変困っていました。
汗染みが目立ちにくいものにしたり中にキャミソールを着るとかして汗染みができにくい方法をやったのですけど、汗をかく量が多過ぎてそれでは間に合いませんでした。

ですから、薬局へ行き、某メーカーが販売している塗るだけで汗の発汗を抑えるデオドラントアイテムを購入し使ってみました。
完全に発汗しなくなるという事ではないですけど、常時汗をかく量が半端ない私からしたら確実に減ったし、ドレスにつくアセのシミも完全に減りました。

上演するときとか精神的ストレスのある仕事を行う時など緊張するような場面で出る普段と異なるアセは、暑くて出てくるものとは異なり意識的に抑止することができないのでそんな時にデオドラント剤があるのはとても助かっています。

 

夏でも冬でも脇汗が気になってしまう

汗に関する悩みは、わき汗をよくかく事です。
ワキから汗が出ると、衣類に汗染みが出来るので、夏は汗染みが出来ていないか、しょっちゅう気にしています。
もちろん、アセを出にくくすることはしています。

当初は制汗スプレーから始まり、最近ではデオドラントクリームを使っています。
スプレー式の頃に比べると、汗のかき方がマシになったと思っていますが、油断すると、汗が出ていることがあるので、100%悩みの種をなくすことは簡単ではないと思いました。

そして汗の悩みというのは、夏ばかりとは限りません。
温度が下がってくると、汗をかく機会は減りますが、ワキだけは冬でも汗をかいているなと思う事が多々あります。

暑いから汗をかくのなら納得できるのですが、寒いと感じていて脇に汗をかくため、疑問になっています。
寒い季節は服を何枚も着ている為、夏みたいに汗ジミが見てわかるなんてことはありませんが、やはり発汗すると不安を感じることが多く、年間を通して汗に悩んでいます。