出かける前にベビーパウダーを使うとニオイと汗対策になる

女の子なら寒くなってくると履きたくなるのはショートブーツ。
でも、気に掛かるのは足のにおい。

夏場に愛用していた「サンダル」と比べてみると当然空気がこもりやすい。
ですから、蒸れ感が出てきますし、やはり臭いやすくなります。

座敷の宴会にお呼ばれされても、ブーツを脱いだ際の足臭を恐れていては靴を脱ぐのも一大決心って感じですよね。
足の匂いの元は、シューズだけでなく、あったか素材の「靴下」や「タイツ」もそう。
冬用ならなおさら、いつもホカホカ。
けれど、その「熱」で「足汗」が出て、ニオイが出てきてしまうのです。

そういった悩みから解放してくれるのが「ベビーパウダー」です。
これは私の親友が手近な物でニオイ対策を打とうとなんとなく使用してみたら、においが抑えられただけでなく、自宅に帰るまで足汗も抑えられたと話してくれた事です。

香水系のものも試してみたようですが、汗のニオイと混ざるとひどい臭いになるものもあり、そういった意味では、天花粉は足臭をちゃんと取ってくれます。
同様に夏場に利用するデオドラント剤も効き目があるのでいいんです!出かける前に足にパウダーを散布し、デオドラント剤をかばんに忍ばせておくと心配がありません。

 

汗ジミが目立たない色の洋服を着るというのも一つの手段

汗の悩み事で多数を占めるのは、やっぱり臭いです。
においに関してはお出かけ前に制汗スプレーと、鞄の中に汗を拭きとるシートと携帯パウダースプレーを携行することで対処できるのです。

次いで困る事は洋服につく汗染みです。

この前テレビで女優さんの脇汗が話題になりましたが、背中の汗の染みも心配になります。
服に汗のしみが広がらないようにする簡単なやり方はノースリーブやフレンチスリーブの汗取りようの下着をつけることです。

あと汗ジミが目立たない色の洋服を着るというのも一つの手段です。
私の経験ですがマスタード色の無地の洋服を着て出掛けた際、背中にかいた汗の染みがすごく目立って恥ずかしい思いをした事があります。
最近分かった事なのですが、グレーカラーや中間色といった色の洋服は汗染みが目立ってしまうようです。

下着が見えてしまいそうで嫌だと思いますが、実際のところは白い無地の服の場合目立たないみたいです。
もっといいのは黒系の柄物の洋服になります。
黒い色の柄物の服であればシミがそこまでわからないので良いと思います。

 

確実な方法は親など身近で話しやすい人にチェックしてもらう事

身体の臭いはなかなか自覚できないものです。
自身でも臭いと思うような臭いがあれば、相当な臭いがしている状態です。

人から指摘しにくい体臭の問題ですので、知らぬ間に強烈なニオイになっている場合もあります。
そんな風になったら、体臭に対する予防策することが大切になってきます。

それとは逆に、周りは全く気にならないのに「臭いかも」と大きな不安を持つ方もおります。
そういう人は、「香水」なんかを大量に使用してむしろ他人に不快感を与えている事も多いです。

カラダの「臭い」以外でも周りの害になる臭いにはみんな無反応ではいられませんが、注意しなさすぎなのもだめだし、気に掛けすぎるのも逆効果になってしまうのが難しいところです。

自分では分かりにくい「におい」で、ほかの人からも指摘されにくいという難しさがあるので大問題に発展する場合があります。
カラダの匂いを認識する為にもっとも確実な方法は親など身近で話しやすい人にチェックしてもらう事です。

 

自分も臭く感じれば「クサイ」って言ってしまうかもしれない

汗の臭いは他の人たちは敏感なんだなって感じました。
自分の場合ニオイに鈍感なので自分がどんなニオイを出しているのかは知りませんが周囲の人に脂の臭いがしていると言われてしまい驚きました。

それなりの歳になったので私としてはにおいを抑制するのが普通なんだろうなと思っているところです。
デオドラントについてもどれにすればいいのか自分では分からないので現状では入浴回数を増やすようにしています。
一日1回だったのを2回入るようにしてみました。

自分の臭いが分かる人は凄く敏感なんだなと思いました。
センシティブ過ぎるのは神経が過敏な状態だとテレビの番組で言っていたので自分は問題ないなと思ったのです。

「普通、人に対して臭いなんて言わないでしょ」とも思ったのですが、自分も臭く感じれば「クサイ」って言ってしまうかもしれないって改めてそう思ったのです。
自分が言ってしまいそうなのに人には駄目なんて言えませんよね。

人の受け取り方なので大袈裟に考えているわたしもリラックスしていないのかなと思いました。
考え込むのはよくありませんよね。