日々の生活習慣を改めるだけでも体臭を抑えることができる

体の臭いがくさい方がたまにいるんですよね。

そんな人が近くにいると臭う為に気分が悪くなってしまいます。

体が臭う人たちはだいたい毎日お風呂に入らないと思います。

今日はめんどくさいから風呂に入るのを止めようという風な考えが結果として臭い体臭を生むのです。

ちゃんと風呂に入って清潔にいることが体臭防止につながるのです。

服を洗濯しないで服を変えない人の場合体臭が臭い人がいます。

毎日同じ服の方が楽だからという甘い考えが体臭がクサくなる原因になるのです。

ミドル脂臭も嫌な体臭の一つです。

ミドル臭はきちんとした原因は知らないのですけど日々変わらない生活だったり、刺激的な生活をしていない人に加齢臭の人がいるように思われます。

体臭予防には食事内容の見直しが効果的です。

お茶とか豆腐やお野菜を摂ることでニオイを減らせるみたいです。

適度な運動、睡眠、禁煙、禁酒は体臭を抑えることができます。

意識して行い臭いを予防したいですね。

 

ニンニクを食べたあとの口臭は胃から来てる

誰かと約束しているときや会社に行くときなどにはニンニクを食べないなんてことは一般常識なのだと思っているのですが、時間がたっていても臭いが残る事がありますよね。

にんにくをいただいた後の口臭というのは口の中の臭いだけじゃなく、胃から来ているらしく、そこに残っているとその匂いはなかなか消えません。

市販でも色々口臭が予防できるものを販売しているのですけど、あんまり効果がないような感じです。

一回大蒜を食べた直後の人と車に乗ったことがありますが、大変でした。

はじめあんまりに臭うのでひょっとするとわきがなのかな?なんて思っていましたが、いつもその人と一緒にいてもそうした臭いはしなかったのでそれではない事は分かりました。

ホントはにんにくのニオイでした。

私自身もにんにく料理は好きなので、ニンニク自体の香りは好きなのですけど、さすがにおなかの中でいろいろな食べ物が混ざった事で出てくるニオイというのは真剣にきつかったです。

生米を噛み続けると良いとか、パセリを食べると消えるなど色々な対処法はありますが、やっぱり人の気分を害さないように、量を少なくすることと、人に会わなきゃいけない時とかニンニクを食べないようにするほうが良いと思います。

 

わきの部分に凄く汗をかくからグレーのTシャツが着れない

自分自身は汗っかきというわけではなく、どちらかと言えば冷え性体質だし、そんなに大量に汗はかかないです。

けれども、なぜか昔から、わきの部分に凄く汗をかくのです。

そこまで暑く感じていないのに、しょっちゅう湿っているようで、乾燥した状態になる事は殆ど無いです。

あのころはそうなるのが一般的だと思い気にしていませんでしたが、高校生になった時自分自身だけわきに凄い量の汗をかいているということが分かりました。

それを知ったのは友達とおそろいで作ったグレーのTシャツを着てお出かけした時の事です。

夏の暑い日だったため、まあまあ発汗していたのです。

そしたらその子が「ぅわ!めっちゃワキ汗かいてるやんか!」と言ってきました。

確認したところわきの部分だけTシャツの色が濃くなっていて濡れている事がはっきりと分かりました。

それ以来、グレーのTシャツは絶対着ません(苦笑)

あとはグレーだけじゃなく、シミが見える色のシャツを着ないようにしています。

グレーの洋服の人を見かけた時は、無意識のうちにわきの部分を見てしまいます。

どうして皆はワキ汗をかかないんだろう。

私だけなのかな?

 

鼻の頭に汗がにじむから化粧が崩れてしまう

女性なら誰しも化粧が崩れる事を気にすると思うのですが、私の場合、皆が持っていない事で悩んでいます。

それは、すこしだけでも温度が上がてしまった場合、鼻の頭から汗が滲んできます。

現在まで私と同じような悩みがある人に合った事はないです。

「あたしだって一緒だよ」という方もいるのですけど、わたしにしてみたら、羨ましいと思うくらいわずかなのです。

暑い夏は特に気がついたら、眉間から鼻頭の辺に、玉のような水滴がぽつぽつと。

メイクに関しては当然鼻から崩れ、凄い時はめがねがずり落ちる為、初めて会う人から驚かれる。

毛穴が汚かったり代謝が活発なのかと思ったので、鼻専用のパックなどを使って鼻の辺りのお手入れをしていますが、どれも効果なし。

年令が上がったせいで新陳代謝が悪くなったためか、ほんのちょっとですが量が減った感じはしています。

けれども同じ体質をもつ七十才になる叔母が、鼻の辺りに汗をかいていたので、ずっと付き合っていかないといけないのかと思い憂鬱になります。

この原因は遺伝だと思いますが、なんとかならないかななんて鏡を見ては考えています。